何度でも、あなたを思い出す。
何度でも、君を好きになる。

劇場版「一週間フレンズ。」7日間しか記憶がもたない君を僕は好きになった。2017.2.18(土)ロードショー

7日間しか記憶がもたない君を僕は好きになった。
一週間フレンズ。
Scroll ↓
Scroll ↓
  • 公式Facebook
  • 公式Twitter
  • 公式Instagram
川口春奈、山﨑賢人
松尾太陽、上杉柊平、高橋春織、古畑星夏、伊藤沙莉、甲本雅裕	、国生さゆり、岡田圭右、岩瀬亮、戸次重幸
2017.2.18(土)ロードショー
原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」(ガンガンコミックスJOKER / スクウェア・エニックス刊)主題歌:スキマスイッチ「奏(かなで) for 一週間フレンズ。」監督:村上正典、脚本:泉澤陽子、音楽:やまだ豊

Story

累計150万部突破!TVアニメ化・舞台化も果たした葉月抹茶のベストセラーコミックが遂に実写化!
何度忘れられても君が好き。
「一週間で友達の記憶を失くしてしまう彼女」と、「彼女と毎週友達になると決めた僕」の特別な恋物語(ピュア・ラブストーリー)
川口春奈 友達の記憶を失くす少女・香織
山﨑賢人 香織を想い続ける祐樹
 高校2年の長谷祐樹は、初めて会った日から惹かれていた同級生・藤宮香織に、思い切って「友達になって下さい」と声をかける。が、香織は必死で祐樹を拒む。実は彼女には、“友達のことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害があった。
それでも香織のそばにいたいと願い、毎週月曜日、記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行く祐樹。二人は交換日記を始めて、少しずつ距離を縮めていく。そんなある日、香織の過去を知る転入生が現れてー。

Character

cast_profile

川口春奈
1995年生まれ、長崎県出身。07年、雑誌「ニコラ」のモデルとしてデビュー。TVドラマ「東京DOGS」(09/CX)で女優デビュー後、「初恋クロニクル」(10/BSフジ)でドラマ初主演。「桜蘭高校ホスト部」(11/TBS)の劇場版(12/韓哲監督)にて、映画でも初主演を果たす。その他主な出演作に、『絶叫学級』(13/佐藤徹也監督)、『ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎~出題編・解答編~』(13/中村義洋、鶴田法男、上田大樹監督)、『好きっていいなよ。』(14/日向朝子監督)、『幕末高校生』(14/李闘士男監督)、『クリーピー 偽りの隣人』(16/黒沢清監督)、『にがくてあまい』(16/草野翔吾監督)などがある。
山﨑賢人
1994年生まれ、東京都出身。10年、TVドラマ「熱海の捜査官」(EX)で俳優デビュー。11年『管制塔』(11/三木孝浩監督)で映画主演デビュー後、『アナザー Another』(12/古澤健監督)、『L♥DK』(14/川村泰祐監督)などに出演。15年、NHK連続テレビ小説「まれ」でお茶の間でブレイクし、同年『ヒロイン失格』(英勉監督)、『orange―オレンジ―』(橋本光二郎監督)で第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。16年の出演作に、『オオカミ少女と黒王子』(廣木隆一監督)、TVドラマ「好きな人がいること」(CX)、『四月は君の嘘』(新城毅彦監督)、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』(ウシロシンジ、横井健司監督)がある。17年に『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(三池崇史監督)が控えている。
松尾太陽(桐生 将吾)
松尾太陽(桐生 将吾)
1996年生まれ、大阪府出身。10年、『大奥』(金子文紀監督)に出演し芸能界デビュー。11年より、史上初のメインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」のバックボーカル・タカシとしても活躍中。映画『サイドライン』(15/福山桜子監督)では超特急として主演を果たす。超特急のメンバーとなって、初の映画単独出演となる今作では、クールな切れ者でありながらも友達のことを思いやる、長谷の親友役を演じている。
上杉柊平(九条 一)
上杉柊平(九条 一)
1992年生まれ、東京都出身。15年「ホテルコンシェルジュ」(TBS)でTVドラマデビュー。TVドラマ「オンナミチ」(15/BSプレミアム)、「お迎えデス。」(16/NTV)や、沖縄国際映画祭でも上映された映画『A.I. love you』(16/宮木正悟監督)や、『シマウマ』(16/橋本一監督)などに出演し、活躍の幅を広げる。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、「砂の塔~知りすぎた隣人~」(16/TBS)にも出演するなど、今後が注目される若手俳優の一人。
高橋春織(山岸 沙希)
高橋春織(山岸 沙希)
1997年生まれ、東京都出身。12年、TVドラマ「放課後はミステリーとともに」(TBS)に出演後、「宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー」(12/TBS)、「地獄先生ぬ~べ~」(14/NTV)などで活躍の場を広げる。14年、『呪怨―終わりの始まり―』(落合正幸監督)で映画デビューし、同年『誘拐少女』(菱沼康介監督)で主演を務める。その他の出演作に『俺物語!!』(15/河合勇人監督)がある。
古畑星夏(近藤 まゆ)
古畑星夏(近藤 まゆ)
1996年生まれ、東京都出身。09年、雑誌「ニコラ」主催の第13回ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得後、モデルデビュー。13年より「Seventeen」の専属モデルとして活躍。12年TVドラマ「パパドル!」(NTV)に初出演。『1/11 じゅういちぶんのいち』(14/片岡翔監督)で映画デビュー後、『近キョリ恋愛』(14/熊澤尚人監督)、「きょうは会社休みます。」(14/NTV)、「ラーメン大好き小泉さん」(15/CX)、「時をかける少女」(16/NTV)等多数出演し、女優として活躍する他、現在「Going! Sports & News」(NTV)ではお天気キャスターを務め、活躍の幅を広げている。
伊藤沙莉(フミ)
伊藤沙莉(フミ)
1994年生まれ、千葉県出身。03年デビュー以降、映画、舞台、TVと幅広く活躍。15年、TV連続ドラマ初主演「TRANSIT GIRLS」(CX)や、16年「その「おこだわり」、私にもくれよ!!」(TX)で注目を集めた。主な映画出演作に、『兎のダンス』(07/池田千尋監督)、『いばらのばら』(14/桝井大地監督)、『幕が上がる』(15/本広克行監督)、 『MY NICKNAME is BUTATCHI』(16/飯塚健監督) など。17年は 主演映画『獣道』(内田英治監督)が公開予定。
甲本雅裕(藤宮 隆之)
甲本雅裕(藤宮 隆之)
1965年生まれ、岡山県出身。89年劇団「東京サンシャインボーイズ」に入団。在籍中「12人の優しい日本人」、「ラヂオの時間」、「彦馬がゆく」、「罠」(作・演出三谷幸喜)など全作品に出演。TVドラマと映画『踊る大捜査線』シリーズ(97〜12)のほか、近年の主な映画出演作として、『渾身 KON-SHIN』(13/錦織良成監督)、『脳男』(13/瀧本智行監督)、『超高速!参勤交代』(14/本木克英監督)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(16/平山秀幸監督)、『貞子VS伽椰子』(16/白石晃士監督)、『四月は君の嘘』(16/新城毅彦監督)など。
国生さゆり(藤宮 志穂)
国生さゆり(藤宮 志穂)
1966年生まれ、鹿児島県出身。85年「おニャン子クラブ」のメンバーに。86年「バレンタイン・キッス」でレコードデビュー。87年グループ卒業後、『いとしのエリー』(佐藤雅道監督)で映画初主演。88年エランドール新人賞を受賞。主な映画出演作に『ジュリエット・ゲーム』(89/鴻上尚史監督)、『EUREKA ユリイカ』(01/青山真治監督)、『パッチギ!LOVE&PEACE』(07/井筒和幸監督)など。ドラマ、映画と女優活動を中心に多岐に渡り活躍中。
岩瀬亮(医師・神崎)
岩瀬亮(医師・神崎)
1980年生まれ、茨城県出身。05年「SEX GANG CHILDREN」にて舞台デビュー後、劇団ポツドールによる「人間♥失格」(07)、「愛の渦」(09)など舞台を中心に活躍。主な映画出演作に、『ディストラクション・ベイビーズ』(16/真利子哲也監督)、『過激派オペラ』(16/江本純子監督)など。主演した日韓合作映画『ひと夏のファンタジア』(16/チャン・ゴンジェ監督)に続き、韓国で公開された『最悪の一日』(16/キム・ジョングァン監督)も異例の大ヒットをみせており、韓国映画界にも新風を巻き起こしている。
戸次重幸(担任の先生・井上)
戸次重幸(担任の先生・井上)
1973年生まれ、北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」メンバー。05年TVドラマ「1リットルの涙」(CX)に出演。舞台、映画、ドラマ、バラエティー番組などを中心に全国的に活動中。近年の主な出演作に、『永い言い訳』(16/西川美和監督)、『ぼくのおじさん』(16/山下敦弘監督)、『疾風ロンド』(16/吉田照幸監督)、TVドラマ「昼のセント酒」(16/TX)、「死幣-DEATH CASH-」(16/TBS)、「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(16/CX)などがある。
岡田圭右(古文教師)
岡田圭右(古文教師)
1968年生まれ、大阪府出身。93年、増田英彦と漫才師「ますだおかだ」を結成し、94年、第15回ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞のほか、数々の漫才新人賞を総ナメにする。M-1グランプリ2002で優勝後、バラエティ番組で活躍。映画出演作は『ゴーストライターホテル』(12/伊東寛晃監督)、『おかえり、はやぶさ』(12/ 本木克英監督)、『悪夢ちゃん The 夢ovie』(14/佐久間紀佳監督)、『映画 ST赤と白の捜査ファイル』(15/佐藤東弥監督)がある。

Staff Profile

一週間フレンズ。
『一週間フレンズ。』(ガンガンコミックスJOKER / スクウェア・エニックス刊)
月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)にて2011年9月号で読み切り掲載、12年2月号より連載され15年春に完結した大人気コミック。4コマ漫画とストーリー形式漫画のミックスという独自な形態でありながら、14年にはTVアニメ化され、同4月から6月までTOKYO MX、MBS等で放送されるなり更なる大反響を呼ぶ。これまでにシリーズ累計150万部を突破している、珠玉のベストセラー。
監督:村上正典
監督:村上正典
1963年生まれ。86年、共同テレビに入社し、以後数々の大ヒットドラマの演出を手掛ける。主な作品に「WATER BOYS」(03/CX)、「1リットルの涙」(05/CX)、「CONTROL〜犯罪心理捜査〜」(11/CX)など。05年、『電車男』で映画監督デビュー。本作は『7月24日通りのクリスマス』(06)、『赤い糸』(08)に続き、4本目の監督作となる。近作に、「フジコ」(15/Hulu)、「代償」(16/Hulu)などがある。
葉月抹茶
「君と紙ヒコーキと。」でデビューし、2作目となる本作「一週間フレンズ。」で瞬く間に大ブレイク。その優しく柔らかいタッチと切なく惹きつけられるストーリー展開に男女世代を問わず多くのファンが注目している。現在、新作「僕が僕であるために。」を連載中、単行本②巻まで発売中(16年10月現在)。
脚本:泉澤陽子
09年、「恋うたドラマスペシャル 三日月/第2夜」(TBS)にて脚本家デビュー。主なTVドラマ作品に「放課後はミステリーとともに」(12/TBS)、「日曜劇場 安堂ロイド~A.I. knows LOVE?〜」(13/TBS)、「ランチのアッコちゃん」(15/NHKBSプレミアム)、「オトナ女子」(15/CX)、「IQ246〜華麗なる事件簿〜」(16/TBS)など。本作は映画脚本デビュー第1作目となる。
音楽:やまだ豊
11年、TVドラマ「マルモのおきて」(CX)の音楽を担当し、劇伴作曲家としてデビュー。その後、CMやミュージカルにも活動の場を広げる。主な参加作に、TVドラマ「天皇の料理番」(15/TBS)、映画『デスノート Light up the NEW world』(16/佐藤信介監督)などがあり、TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」シリーズ(MX)のオリジナルサウンドトラックは世界中から人気を集めている。
撮影:藤本信成
14年まで東北新社撮影部に在籍しコマーシャル、IMAX作品など数多くに携わる。劇場作品は『アイノカラダ』(03)、『ラブ★コン』(06)、『牙狼3D』(10)、『高校デビュー』(11)、『貞子3D』(12)など。近年「TBSリアル脱出ゲームTV」(14/英勉監督)がインターナショナルエミー賞を受賞。
照明:和田雄二
99年、『千年旅人』(辻仁成監督)で技師デビュー。主な作品に、『大停電の夜に』(05/源孝志監督)、『ルパン三世』(14/北村龍平監督)、『嫌な女』(16/黒木瞳監督)など。その他『ロスト・イン・トランスレーション』(04/ソフィア・コッポラ監督)、『バベル』(07/アレハンドロ=ゴンサレス・イニャリトゥ監督)の日本編などの海外作品も担当している。
録音:関根光晶
93年、毎日放送制作「デザートはあなた」(倉内均監督他)で技師デビュー。『赤い糸』(08/村上正典監督)で村上作品に参加。『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』(12/星田良子監督)、『ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎~出題編・解答編~』(13/中村義洋、鶴田法男、上田大樹監督)、『摂氏100℃の微熱』(15/岡本浩一監督)など。
美術:山下杉太郎
97年、アックスに入社。TVドラマ「金のたまご」(97/TBS)等の美術助手を経て、「温泉へ行こう」(99/TBS)より、多くのTVドラマの美術制作を担当。近年の作品に「チキンレース(13/WOWOW)、「おやじの背中」(14/TBS)、「しんがり~山一証券 最後の聖戦~」(15/ WOWOW)など。『劇場版 SPEC』シリーズ(12、13/堤幸彦監督)では美術プロデューサーを務める。
編集:山本正明
西谷弘監督の『県庁の星』(06)、『真夏の方程式』(13)や、藤田明二監督の『アジアンタムブルー』(06)、『ラストラブ』(07)に参加。村上監督とは『7月24日通りのクリスマス』(06)、『赤い糸』(08)に続き三作目の参加作品になる。
黒板アート:三好修平
京都造形芸術大学で洋画専攻を学んだ後、現在は似顔絵画家として活動する傍ら、動物をモチーフにしたアート作品を発表するなど精力的に活動中。
パラパラ漫画:中村ちはる(株式会社アトムストーリー)
ウェディングサービスでの感動演出や、企業のブランドイメージ向上等を目的に、言葉だけでは伝えきれない想いを“パラパラ漫画”を通じて届ける取組みを行う。映画でのコラボは今作が初となる。
藤宮さん、俺と
友達になってください