2013動画

【全話無料】半沢直樹動画1話【ヒーロー誕生】無料視聴!

2013年に放送され、主人公・半沢直樹の「倍返しだ!」との決め台詞が流行語大賞にまでなった、大人気ドラマ「半沢直樹」の続編が2020年に放送されることが決定。最高視聴率42.2%を記録した話題の作品ですが、その前にチェックしておきたいのが、2013年版の「半沢直樹」です。そこでこの記事では、ドラマ「半沢直樹」の動画を1話から全話無料で視聴する方法を徹底的に調べてどこの動画サービスで無料で見れるのかご紹介します。また、気になる第1話のネタバレや、主なキャストについてもご紹介します!

半沢直樹動画1話見逃し配信は?

ここではドラマ「半沢直樹」の動画を1話から見逃し配信している動画サービスを探しました。

1話からの見逃し配信
Hulu ×
U-NEXT ×
パラビ ×
TSUTAYATV/ディスカス
FOD ×
Amazonプライムビデオ ×
NetFlIX ×
Tver 配信なし
gyao 配信なし

動画配信サービスを確認してみましたが、半沢直樹を1話から見逃し配信しているのはTSUTAYATV/ディスカスしかありません。

TSUTAYATV/ディスカスでは旧作が見放題になっていまして、半沢直樹は旧作なので見放題。

初回1か月無料で視聴できます。

無料でお試しTSUTAYATV/ディスカス

TSUTAYATV/ディスカス

ドラマ「半沢直樹」は、現在TSUTAYATV/ディスカスで、「旧作」なので借り放題できます。

TSUTAYATV/ディスカスでは、対象作品動画が見放題でき、さらに「旧作」が1か月に8枚レンタルできる、月額2,417円(税抜)の「TSUTAYAの動画見放題 & 定額レンタル8プラン」が30日間無料で体験できます。

無料でお試しTSUTAYATV/ディスカス

【TSUTAYAの動画見放題 & 定額レンタル8プラン】

  • 「準新作」「まだまだ話題作」「旧作」全て作品が借り放題で楽しめます(ただし、無料期間内は、「新作」は借り放題対象外)
  • 「新作」「準新作」を除く動画見放題対象作品約1万タイトルが見放題で楽しめます
  • 動画配信で利用できる動画ポイントが毎月1,100ptもらえます(新規入会時にももらえます)
  • 動画ポイントを利用すれば新作・話題作も楽しめます

この30日間の無料体験期間を利用すれば、月8本までレンタルできるので、ドラマ「半沢直樹」全話分の全6巻をレンタルすることができます。

また、無料お試し期間内に解約すれば、料金は一切かかりません。

ネットで注文し、翌日には自宅にDVDが届きます。

また返却はポストでOK。延滞金はかかりません!

さらに池井戸潤さんの作品もすべて旧作、準新作なので借り放題できます。

空飛ぶタイヤ映画(ディーンフジオカ)

空飛ぶタイヤドラマ(仲村トオル)

下町ロケット(阿部寛)

下町ロケット(三上博史)

アキラとあきら(向井理)

陸王(役所広司)

株価暴落(織田裕二)

ルーズベルトゲーム

ようこそ我が家へ

民王(高橋一生)

さらに主演堺雅人さんの作品も以下借り放題できます。

リーガルハイ

ゴールデンスランバー

ジェネラルルージュの凱旋

鍵泥棒のメソッド

DSTDSTINY鎌倉ものがたり

つれがうつになりまして

その夜の侍

武士の家計簿

真田丸

大奥

日輪の遺産

パンドラ 永遠の命

ヒミツの花園

ニセ医者と呼ばれて

クヒオ大佐

ジャージの二人

やさくれぱんだ

壁男

ココニイル͡コト

スカイハイ

ひまわり

空中ブランコ

つまり、無料でドラマ「半沢直樹」が楽しむことができるので、是非この無料体験を利用することをおススメします!

無料でお試しTSUTAYATV/ディスカス

半沢直樹動画1話YouTubeなど

YouTube Pandora dailymotion miomio

見れない場合は以下動画サービスで借り放題できます。

無料でお試しTSUTAYATV/ディスカス

半沢直樹動画1話ネタバレ

半沢直樹(堺雅人)は産業中央銀行の就職面接で、小さな町工場を営んでいた自身の父が亡くなったときに融資をしてくれた産業中央銀行に恩返しがしたい、と熱く語っています。

晴れて産業中央銀行に入行することになった直樹、大学の同期渡真利忍(及川光博)と近藤直弼(滝藤賢一)も一緒です。

渡真利に入行して何を目指すか、ときかれた直樹は、「上を目指す」と強い言葉で断言するのでした。

入行から20年がたち、産業中央銀行も東京第一銀行と合併し、新たに東京中央銀行となっていました。

直樹は、東京中央銀行大阪西支店の融資課課長として、まさに窮地に陥っている最中でした。

直樹は、大阪西支店の支店長・浅野(石丸幹二)から、これまで取引歴のない西大阪スチールという会社に5億円の融資契約をするように指示されます。

さらに、部下を育てるのも重要な仕事と、まだ入行2年目の中西(中島裕翔)を担当させるように言われます。

早速、中西と一緒に直樹は西大阪スチールの社長の東田満(宇梶剛士)のもとを訪れますが、東田は態度も悪く、融資はまだ検討段階だと告げる直樹に、銀行から頼んできたのに検討とはなんだ、と文句を言います。

支店に戻った直樹に、浅野が、西大阪スチールの社長とは電話で話をつけたので融資を実行すると言ってきます。

直樹は、西大阪スチールが優良企業とは違うと感じたこと、また、これまで他の銀行から融資を受けていたのに、いきなり東京中央銀行の融資に変更するのか、など疑問な点が多いことから、もう少し調査をさせてほしいと申し出ます。

しかし、浅野は直樹の話を聞き入れるどころか、西大阪スチールへの融資は無担保の上、固定金利で稟議書をかけと言い出します。

なぜなら、行内の最優良店舗の表彰を受けるには、どうしてもあと5億の融資が必要だというのです。

仕方なく、その夜、徹夜で稟議書を作成する中西と直樹。

結婚記念日の夜に帰れないことを直樹は、妻の花(上戸彩)に連絡すると、花からは文句を言われてしまいます。

ようやく中西が仕上げた稟議書に目を通した直樹が、まだツメが甘いところがあると手直しをしようとすると、その稟議書はすでに浅野がオンライン決済にか掛けていたのです。

直樹はそれでも食い下がり、修正させてくれるよう頼みますが、「私が全責任を持つ」という浅野の前に、直樹は引き下がるしかありませんでした。

この融資が通り、大阪西支店は無事に最優良店舗賞を初受賞することができました。

そして、支店長の浅野も重役に昇進するとのウワサも出始めました。

ところが、西大阪スチールへ融資が問題になります。

西大阪スチールが、実は莫大な負債を抱えていたのを粉飾決算で隠していたことが発覚、西大阪スチールは融資からわずか3か月で倒産してしまったのです。

しかし西大阪スチールへの融資を無理に通した支店長の浅野は、その全責任を直樹1人に追わせようと、裏で手をまわします。

浅野は、東京中央銀行で最年少常務となった大和田(香川照之)に、今回の5億の融資がだまし取られたのは、融資も直樹の独断で、粉飾決済も見抜けなかったために起きたとと嘘の報告をします。

その頃、本店融資部の渡真利は、直樹を心配して、とにかく5億を回収するしかない、と忠告していました。

直樹は、浅野に、全責任を負うと言ったのは嘘だったのか、と詰め寄りますが、浅野は開き直ります。

そんな浅野に、直樹は「5億回収できたら土下座してもらう」と、西大阪スチールの社長・東田を探し始めます。

あくる日。

直樹が、西大阪スチールの下請けで、今回の倒産騒ぎで連鎖倒産をした竹下金属を訪ねると、社長の竹下清彦(赤井英和)が、まさに首つり自殺をしようとしていたところに出くわします。

直樹は、自分の父が同じような憂き目にあって、自分の工場で首つり自殺をしたことを思い起こすと、竹下を必死で止めます。

直樹の父は、産業中央銀行に融資を止められてしまい、工場を倒産させ、それを苦に自殺していたのです。

直樹は、竹下に一緒に東田を探し出そうと話しますが、竹下は銀行も東田も同罪と怒り、直樹たちは追い返されてしまいました。

その頃、銀行に税務調査が入ります。

対象は、西大阪スチール、このことから、直樹たちは、西大阪スチールは脱税もしていたのではと考え、ならば隠し財産があるはず、と思いつきます。

直樹たちは、西大阪スチールの経理担当・波野(ラサール石井)のもとを訪れ、粉飾決済について強く詰め寄ると、波野は観念したように帳簿を渡しながら、東田は愛人・藤沢未樹(壇蜜)のところにいることを白状します。

直樹は、波野に聞いた未樹のマンションを張り込み、とうとう未樹と一緒にいる東田を見つけ出します。

東田のもとに駆け寄り、銀行に同行するようにいう直樹に、東田はゴルフクラブで威嚇しますが、直樹も剣道で鳴らした腕で応戦、東田を追い詰めます。

ところが、未樹に不意を突かれてしまい、二人に逃げられてしまいました。

その場には、脱税の捜査にきていた税務署員もいました。

直樹の登場により、東田を捕らえるチャンスを潰されたこと怒る国税局統括官の黒崎(片岡愛之助)。

東田に逃げられ茫然とする直樹のもとに、渡真利から明日本店で聞き取り調査があると連絡が入ります。

翌日。

本店での聞き取り調査で、直樹1人に責任を取らせようとする上層部陣に、直樹は「5億は取り戻す」と啖呵をきります。

部屋の外で聞いていた渡真利は、出来なかったらどうすと心配顔ですが、そんな直樹のもとに竹下金属の竹下から、直樹に協力する、と連絡が入ります

直樹の熱意と誠意を感じた竹下は、銀行は信用できないが、直樹は信じるというのです。

一方、聞き取り調査を終えた経営陣。

頭取の中野渡(北大路欣也)が遠くにいる直樹を見ながら、常務の大和田に、直樹は優秀だと聞いていると話しますが、大和田は今回の5億の融資失敗の件を話します。

そして、直樹に5億の価値があるかと、中野渡頭取に大和田が聞くと、中野渡頭取は直樹の人となりを見るように忠告します。

大和田はその言葉に、愛想よくしますが、中野渡が離れていくと、その表情を面白くなさそうに変えるのでした。

半沢直樹 動画キャスト紹介

半沢直樹(演:堺雅人)
本作の主人公。
東京中央銀行大阪西支店融資課課長から東京中央銀行本部営業第二部次長に栄転。
大阪西支店時代に支店長の策謀で押し付けられた5億円の融資が回収不能となり全責任を押し付けられるも、同期らの協力を得て挽回し、本店に栄転します。
自分の正義を突き進む性格のため、しばしば上司や本部を敵に回しますが、部下からの信頼は厚く、尊敬されています。

近藤直弼(演:滝藤賢一)
東京中央銀行大阪本店システム課から、タミヤ電機に出向。
直樹とは慶応大学体育会剣道部で共に汗を流した仲で、今でも時間が合えば直樹と竹刀を交えています。

渡真利忍(演:及川光博)
東京中央銀行東京本部融資課。
慶応大学経済学部卒で、半沢とは同期の仲であり親友でもあります。
学生の頃から顔が広く、入行後も情報通で通っています。

大和田暁(演:香川照之)
東京中央銀行において最年少常務となった出世頭。
旧産業中央銀行出身。
派閥意識が強いため、大阪西支店で、5億の回収を見事にやってのけ、旧産業中央銀行出身の直樹を自分の派につくよう話しますが、断られたことから、直樹と敵対する関係となっていきます。

中野渡謙(演:北大路欣也)
東京中央銀行頭取、旧東京第一銀行出身。
「人」を大切に思っていて、合併後もどうにか東京第一銀行派と産業中央銀行派をまとめようとします。

浅野匠(演:石丸幹二)
東京中央銀行大阪西支店の支店長。大和田派。
部下に対しては高圧的な態度をとりますが、自身の上司・大和田に対しては常に低姿勢。
自身の出世街道のために、大阪西支店を最優秀店舗にするために、無理な融資を直樹に担当させます。

江島浩(演:宮川一朗太)
東京中央銀行大阪西支店の副支店長。
支店長の浅野の腰巾着のような存在。
上司にも反抗的なことを言ってくる直樹のことを煙たく思っています。

中西英治(演:中島裕翔)
東京中央銀行大阪西支店融資課。
入行2年目の若手で、まだ場数は足りませんが、優秀で責任感も強い人物。
直樹のことを尊敬し、慕っています。

岸川慎吾(演:森田順平)
東京中央銀行取締役。大和田派。
常に大和田常務に従っていて、直樹のことも大和田派に入るように誘います。

貝瀬郁夫(演:川原和久)
東京中央銀行京橋支店長。大和田派。
見栄とプライドの塊で、伊勢志摩ホテルの融資の一件では、これまでの資料を新担当となった直樹たちにも隠そうとしました。

内藤寛(演:吉田鋼太郎)
東京中央銀行本店第二営業部部長。
直樹の直属の上司で、直樹の納涼や人柄に絶対的な信頼を寄せています。
常に直樹の味方をし、直樹を守ろうとしていくれる正義感の持ち主。

時枝孝弘(演:高橋洋)
東京中央銀行本店法人部。
東京第一銀行の出身ですが、半沢らとは同期にあたります。
仕事は優秀で、人当たりもよく、法人部のエースと期待されています。

小野寺順治(演:牧田哲也)
東京中央銀行本部営業第二部。
新しく次長になった半沢を慕い、尊敬しています。
半沢からも信頼されています。

坂本新之助(演:岡山天音)
東京中央銀行営業第二部。
半沢の部下。
素直な性格で、半沢も目をかけています。

福山啓次郎(山田純大)
東京中央銀行融資部。
産業中央銀行出身で大和田派。
データが全てとの持論の持ち主ですが、仕事もできて、評判も高いです。

黒崎駿一(演:片岡愛之助)
大阪国税局統括官(金融庁から出向)、後に金融庁に戻り検査局主任検査官となります。
直樹と大阪西支店で担当した5億円の融資で出会い、後に東京本店でも合いまみえることになる因縁の相手。
プライドが高く神経質、話すときはオネエ口調。

半沢花(演:上戸彩)
直樹の妻。
思ったことがすぐ口に出てしまうタイプで、花の前では直樹も歯が立たちません。
フラワーアレンジメントの仕事をしていましたが、直樹との結婚を機に専業主婦に。

半沢直樹動画1話から視聴者感想

30代男性
30代男性
毎週、とても楽しみに見ていました。
堺雅人さんも演技が上手ですし他の出演者の方々も皆さん、演技が上手な人が多かったので良かったです。ストーリーもどっちにどう転ぶか分からない展開の連続でハラハラしながら毎週、見ていました。大阪の時の浅野支店長との対決や金融庁の黒崎との対決、最後の大和田常務との対決のシーンは見てるこちらも緊張する位の名シーンだったと思います。
名セリフの倍返しだも好きでこっちもスッキリさせてもらっていました。
30代男性
30代男性
池井戸作品で最もインパクトの強い作品であり、最高の演出、配役です。主演の半沢直樹という人物と堺雅人のマッチングは取り分け最高と言えます。正義感の強さ、実直さ、人付き合い、それにユーモアです。彼の人柄は堺雅人そのものと言っても過言ではないと思います。時より見せる笑顔は知的でもあり不敵な笑みでもあり、笑顔一つとっても多彩な表情を見せてくれ、ドラマにのめり込む要因の一つになっていると思います。ドラマは土下座で代表されるほどドロドロし、銀行の裏側をこのドラマで初めて知った人も多いのではないかと思います。
40代男性
40代男性
その年の流行語にもなったぐらい有名なフレーズを生み出しました本作品、「倍返しだ」このフレーズはこのドラマを的確に示しており、堺雅人さんが温厚な性格な役どころを演じるところが多かったのに、この作品では烈火の如く怒る様が見れて大変良いと思います。逆転劇が大好きで仇討ちを果たすという忠臣蔵のような側面もあり、それを社会世情と同列の背景で進むので皆共感したのだと思います。
30代女性
30代女性
堺雅人が演じる半沢の迫力ある演技と、常務への下剋上物語がとても面白かったです。銀行員の出向問題や社内の組織図など関係性が、リアルに描かれていた場面がとても多く、印象的でした。そして、半沢の妻の奥さん(上戸彩)の演技も半沢を思う優しさや、妻としての強さを感じました。また最終回で常務を失脚させた半沢が、出向になった意味がよくわからなかったので、続きがとても気になりました。
40代女性
40代女性
ドラマ半沢直樹は日曜日の夜放映しておりました。舞台が銀行マンで仕事上のストーリーでしたので、多くの視聴者の人は月曜日からの自分の仕事に対して、奮起をこのドラマからもらっていたんではないのかと思います。かくいう私も毎週楽しみにしておりましたし、半沢直樹の正しくてまっすぐな正義感を自分の仕事でも投影していました。もちろんドラマのように実際はうまくいかないのですが(笑)上戸彩さん演じる奥様の花は、トラブル続きの半沢を影で支えて時に解決に繋がるヒントにもなり、とても可愛らしかったです。
50代男性
50代男性
6年前に放送された本ドラマは、当初全く期待しないで観ていましたが、話が進むにつれ、展開にハラハラしながら引き込まれるように観たことを覚えています。銀行の内部経営の過酷さや、出世争いを中心にしたストーリーで、その中にある人情味ある話が盛り込まれた魅力あるドラマです。現在も当時録画したものを観ることがあるくらい面白いので、続編のパート2や3を制作し、放送しないか期待しています。主人公の「倍返しだ!」は、当時流行後大賞になったんではなかったでしょうか?
30代男性
30代男性
半沢直樹とても面白かったです。原作が池井戸潤さんのシリーズですごく期待していました。堺雅人さんの半沢直樹はぴったりハマっていてかなり良いと思いました。私のような会社員は半沢直樹に共感できる部分が結構あり、見ていて爽快でした。銀行での権力闘争などすごくリアルで、サラーリーマンの心を掴んだ作品だと思います。原作だとまだ続きがあるので、是非続編の方も制作していただきたいです。
20代女性
20代女性
とても見応えのあるドラマだと思います。
悪役上司たちにはいつもイライラしましたが、半沢直樹があの手この手を使ってどんどん悪い奴らを追い込んでいき、最後には謝らせる。とってもスカッとするドラマで楽しかったです。またあいからわず堺雅人さんの演技のすごさに驚きます。難しい用語も台詞の中にたくさんあるのにペラペラと話すのがかっこよかったです。本当の銀行マンに見えてきてさらに感情移入して見てしまいました。
30代男性
30代男性
 「今後ここまで興奮できるドラマは現れないだろう」と思えるくらい、この「半沢直樹」は毎回毎回興奮しながら見ていた。香川照之演じる「大和田暁常務」。こんなに憎たらしい役もなかなか無いな、と思えるくらい香川照之の怪演が光っていた。
「じゃー、土下座でもしてみるか?」という台詞。私的には「倍返し」よりも好きな言葉である。最後「大和田!」と半沢直樹に怒鳴られ、悔しさに顔を歪めながら土下座へ向かっていく大和田暁常務。このシーン私が一番好きなシーンである。
40代男性
40代男性
毎回拝見しておりました。あらすじの方も一発逆転な感じで見ていた自分もスッキリして、内容の方も業界用語がいくつか登場しますがテロップでその意味の説明が所々入りすぐさまに理解することができ、分かりやすく申し分ないドラマです。また、堺雅人さんの長い台詞がいくつかありますがまさに俳優の中の俳優で相当に台詞の方も勉強し鍛えられたんだなと思い感心し、俳優魂が垣間見えました。
50代女性
50代女性
大手銀行内の忖度やしがらみなどに屈しない人物が半沢直樹なのだと思いました。
10倍返しという言葉が流行った暗い、当時は人気のあったドラマでした。しかし、ドラマの結末は勧善懲悪とは行かず、意外な形で終わってしまいました。
それが観終わった後に、少しモヤモヤした感情が残る作品となってしまいました。半沢直樹のいわゆる下剋上的な言動が強すぎたのかもしれません。もう少し世渡りが上手でないと、会社という組織の中では上手くやっていけないような気がしました。
20代女性
20代女性
半沢直樹を見たとき、私はまだ学生でしたが銀行ってこうなんだと初めて思いました。そして、かじりつくように見た最後のテレビドラマでもあります。後にも先にも見ていません。難しい内容なのに奇跡の大逆転で相手に倍返しする半沢を見て次はどうなるのかワクワクしたものです。テーマソングがかかると最終回の土下座のシーンを思いだし、なんとも懐かしいものです。堺雅人さんはリーガルハイの頃から見ています。母と一緒に面白かったねと良く言っていました。もうひとつのハマリ役を手に入れたなとふと思うのです。
50代男性
50代男性
半沢直樹といえば、内に秘めた思いを涼しげな目で「倍返しだ!」と叫ぶセリフ。これを聞くと半沢に感情移入してしまうほどでした。
子供の頃、父親を自殺に追い込んだ常務大和田への復讐劇が痛快なドラマで、半沢が仲間らと共に銀行内部の不正を徹底的に追求し浄化していく過程が毎回ハラハラドキドキの連続で翌週の放送が楽しみでした。心理戦で相手を追い込んだり時にはパワープレーで押し切ったり相手を容赦なく追い込んでいく半沢に新しいヒーロー像を重ねていましたね。また半沢の同期入行組の渡真利&近藤との友情も綺麗だった。
60代男性
60代男性
銀行を舞台にした上級役員や上司と部下のパワーゲームを実に痛快に演出したドラマでした。私もサラリーマンを40年近く勤めあげましたが、銀行に限らず、大手企業ではこのような派閥争いやパワハラが日常茶飯事に行われていると思います。堺さんが「倍返し」でやり返す結末は痛快そのものですが、これだけの根性を持って敵対する役員や上司に真正面から歯向かう度胸を持ったサラリーマンは極めて稀な存在だと思います。だからこそ、弱者である下級社員は半沢の逆襲を応援・期待してしまいました。

半沢直樹動画1話から視聴者反響

半沢直樹動画1話から全話無料まとめ

今回は、ドラマ「半沢直樹」の動画を1話から全話無料で視聴する方法を調べてみました。

ご紹介した、TSUTAYATV/ディスカスでは、現在、2013年版「半沢直樹」が全話収録分の第6巻のDVDがレンタル中です。

しかも30日間の無料体験を利用すれば、無料で全話楽しめますので、続編の放送前に是非ドラマ「半沢直樹」をTSUTAYATV/ディスカスでご覧になってみてください。

無料でお試しTSUTAYATV/ディスカス

半沢直樹関連動画

堺雅人「リーガルハイ」

【全シリーズ無料】リーガルハイ動画1話無料視聴方法!堺雅人さんの演技が絶賛されたリーガルハイですが、リーガルハイ、リーガル2、リーガルスペシャルなど全シリーズ無料で見れる動画サービスを紹介...

堺雅人「ジェネラルルージュの凱旋」

【劇場版ドラマ版】ジェネラルルージュの凱旋動画無料視聴方法!堺雅人さんがカッコイイと話題のジェネラルルージュの凱旋ですがここではドラマ版、映画版と無料で見れる方法を紹介。 さらにYouTub...

上戸彩「昼顔」

【全話無料】昼顔動画1話【靴紐と彼】無料視聴方法!社会現象になったドラマ「昼顔」 ここではドラマ「昼顔」1話からの無料見放題視聴方法と、映画昼顔も無料で見れる方法を紹介します。 ...

吉田鋼太郎「おっさんずラブ」

【全話無料】おっさんずラブ動画フル1話「突然のキス」無料視聴方法!8月映画化のおっさんずラブですが、ドラマおっさんずラブ動画をフルで1話から全話無料視聴する方法を紹介します。dailymotionやYo...