芸能

窪塚愛流演技下手と言われる3つの理由

モデル・CMで活躍中の窪塚愛流くぼづかあいるさん。
10月開始の「この初恋はフィクションです」への出演も決定し、俳優としも活躍の幅を広げてます。

愛流さんは、あの窪塚洋介さんの息子さんとしても有名です。
ところが、SNSではそんな彼の演技が下手という声が上がってるんです。

そこで、窪塚愛流さんの演技が下手と言われる3つの理由についてSNSで調査しまとめました。

<あわせて読みたい>

窪塚愛流の性格4つの特徴を紹介

スポンサーリンク

窪塚愛流が演技下手というSNSコメント

窪塚愛流さんの演技が下手というコメントを作品ごとに見ていきます。

泣き虫しょったんの奇跡(2018年)

将棋棋士・瀬川晶司の自伝を映画化した作品で窪塚愛流さんのデビュー作となります。
主人公の瀬川を松田龍平さんが演じ、その中学時代を14歳の窪塚愛流さんが演じました。

他に永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さんなど豪華な俳優陣が出演してます。
窪塚さんの演技に対してはこんな辛口の意見が・・

他にも、松田龍平さんなど共演しあ実力派俳優との比較で、窪塚さんの演技が下手にみえるという意見が上がってました。
窪塚洋介さんの息子さんということから、演技へのハードルが高くなってしまったかもしれません。

ネメシス(2021年)

ネメシスは、1話完結型のミステリーで、主人公・アンナの父の失踪の秘密が絡み合うストーリーです。
アンナ役は広瀬すずさんが演じ、他に櫻井翔さんや江口洋介など人気俳優が出演。
窪塚愛流さんは第2話目の神谷樹(ラッパー)役で登場します。

窪塚さんの初のドラマ出演作です。

ネメシス見たかんじだと芝居は上手くない
2世だから使ってもらっただけ

引用:ガールズちゃねる

 

行方不明の兄の役やってた人?
たしかに綺麗な顔してたけど存在感やオーラはなかったよ
あとラップ下手だった
そう思うと窪塚洋介ってやっぱ存在感あったよ

引用:ガールズちゃねる

細くてスタイルは何頭身?とは思ったけど
ラップは寒かった

引用:ガールズちゃねる

愛流はモデルをもっとしっかりやってから俳優のほうがいいと思う
表情や動きや立ち方とかもっと洗練されたほうがいいわ
役者やるには棒過ぎる
お父さんの唯一無二の存在感との差を埋めていくには時間かけていくしかない

引用:ガールズちゃねる

 

ネメシスでの窪塚愛流さんの演技について、「存在感がない」「スタイルや顔がよいだけ」「2世だから使ってもらった」などと、厳しいコメントが続きます。

ですが、ネメシスのプロデューサーからは「異質な役者」「活躍が楽しみ」と大絶賛されてるんです。

「立ち姿、その身に纏っている空気感からして、異質な役者だと感じました。と思えば、17歳らしい少年の表情も垣間見えたりして、とても魅力的な面をたくさん持っている方だな、と。撮影現場での一生懸命に芝居と向き合う様子を見て、これからの活躍が本当に楽しみです。今回、『ネメシス』に参加してくれて本当に良かったと思います」

引用:https://mdpr.jp/news/detail/2527345

業界のプロからの評価が高いのはすばらしいですね。
こちら、窪塚愛流さんが出演したMVですが、小顔&長身のスタイルが完璧でオーラがあります。

何となく育ちの良さを感じる佇まいですね。

スポンサーリンク

窪塚愛流は演技下手と言われる3つの理由

窪塚愛流さんへ演技へのコメントから、演技が下手と言われる理由は次の3つと捉えました。

①実力派俳優と比較される

デビュー作となった「泣き虫しょったんの奇跡」の共演者は実力派俳優が揃ってました。
俳優経験の浅い窪塚さんが比較され、評価が低くなるのは当然のことだと思います。

違う見方をすれば、そこにチャレンジした窪塚さんはかなりの度胸の持ち主です。
演技経験を積んでいけば大化けするかもしれませんね!

②父・窪塚洋介さんと比較される

お父さんの窪塚洋介さんは、最年少(22歳)で日本アカデミー賞である新人俳優賞と最優秀主演男優賞をダブル受賞してます。
この当時、他を寄せ付けない圧倒的なオーラを放ってました。

最近では、巨匠と言われるマーティンスコセッシ監督の映画に出演し、世界的進出も果たす活躍ぶりです。

二世は親と比べられるのは宿命ですが、お父さんの存在感が半端ないので、さらに不利になるのは仕方ないことでしょう。

SNSのコメントにあった「お父さんとの差は、時間をかけて埋めていく」のが唯一の解決策かもしれませんね。

③棒演技、ラップがひどい

窪塚愛流さんは、セリフ回しに抑揚がないためか「棒演技」と評する声が上がってます。
また、ネメシスで披露したラップも「ひどい」と酷評されてしまいました。

確かに、どの作品を見ても、周りの役者さんと比べると発声法や表情の作り方などが素人っぽく感じられます
でも、棒演技というよりは演技経験が少ないことから慣れてないだけのようにも思いますが・・・

ただし、セリフが無くて立ってる時にはお父さん譲りの独特の雰囲気があるように感じます。
ぜひ、演技を磨いてそのオーラを活かして欲しいですね!

スポンサーリンク

窪塚愛流は演技下手と言われる3つの理由まとめ

この記事では、SNSのコメントから、窪塚愛流は演技下手と言われる3つの理由をご紹介しました。

あらためてまとめると演技が下手といわれる理由には、

  1. 実力派俳優と比較される
  2. 父・窪塚洋介さんと比較される
  3. 棒演技

の3つの理由があげられるようです。

秋ドラマ「この初恋はフィクションです」ではメインキャストを務める窪塚愛流さん。
どのくらい成長した演技になっているか、注目していきたいと思ってます!

最後までお読みいただきありがとうございました!