リーガルハート

リーガルハートドラマ関西は?見逃した場合の無料視聴方法!

反町隆史さんが会社再建に心血を注ぐ再建弁護士・村越を演じるドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」が、7月22日月曜日から始まりました。原作は今も再建弁護士として活躍し、NHK「プロフェッショナル」でも取り上げられた現役弁護士・村松謙一氏の著書「いのちの再建弁護士 会社と家族を生き返らせる」。そんな村松氏をモデルとし、実話をもとに作り上げられた本ドラマはこの夏の注目のドラマです。そこでこの記事ではドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」の関西での放送状況や、関西で見逃した場合の無料視聴方法を紹介します。

リーガルハートドラマ予告

リーガルハートドラマ関西放送

ドラマ「リーガル・ハート~いのちの再建弁護士~」(以降、「リーガルハート」と表記)はテレビ東京で放送されていますが、関西地域での放送もあるのか調べてみました。

ドラマ「リーガルハート」の関西地域の放送は、テレビ大阪で放送されています!

ドラマBiz「リーガル・ハート ~いのちの再建弁護士~」

関西地域放送局:テレビ大阪
放送日:7月22日(月)スタート 毎週月曜 夜10:00~10:54

次回は、7月29日(月)夜10時から、第2話の放送です!

リーガルハートドラマ関西見られない場合の視聴方法

ドラマ「リーガルハート」を見逃した!見られない!なんて方のために、無料視聴方法をご紹介します。

Tver

Tverでは、ドラマ「リーガルハート」の第1話を以下の期間で見逃し配信しています。

2019年7月22日(月)放送分 第1話(1時間30分02秒)
配信期間:7月29日(月) 22:53 まで

Tverは無料で見ることができます。

但し、以下のようなデメリットがあります。

・最新話のみの視聴

・放送後1週間のみ

見逃してしまった場合、1話から全話見放題したい方はParaviでの視聴をおすすめします。

Paravi

ドラマ「リーガルハート」は、Paraviで独占配信されています!

無料でお試しparavi

Paraviは、TBS・日本経済新聞社・テレビ東京・WOWWOW・電通・博報堂DYメディアパートナーズの6社が出資して設立した株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパンが運営する動画配信サービスです。

そのためParaviでは、特にTBSやテレビ東京の番組が配信されますが、ドラマ「リーガルハート」も、Paraviで配信されています。

Paraviは通常月額925円(税抜)の利用料が必要ですが、Paraviでは30日間の無料体験期間がありますので、その間は無料で利用することができます。

また、無料期間内に解約すれば、料金がかかることも一切ありません。

つまり実質無料で、ドラマ「リーガルハート」を視聴することができます。

ドラマ「リーガルハート」を見逃してしまった方、放送されない地域にお住まいの方は、是非Paraviの無料体験期間を上手に使って視聴してみてください。

Paraviでは

  • 現在、22日に放送された1話が配信中!
  • TBSやテレビ東京の番組が充実しています!
  • 30日間の無料体験期間があります!
  • 無料期間内に解約すれば月額料金はかかりません!

無料でお試しparavi

リーガルハート ネタバレ 1話は?

物語は、企業の倒産数と自殺者の人数を言及するところから始まります。

2018年倒産企業件数は8235件、倒産など、経済・生活問題による自殺者の数は3432人。

物語の主人公・弁護士の村越誠一(反町隆史)は、企業の倒産は命に関わることと断言し、0.01%でも希望がある限り闘い続ける再建弁護士です。

そんな村越の事務所に1枚のFAXが送信されてきます。

熱海の網代にある、網代中央水産社長・山谷護(石黒賢)は、資金繰りに行き詰まり、自殺を考えるほどに追い込まれていました。

まさに断崖から身を投げようとした、その時、会社の状況を知る数少ない部下の1人・滝口(笠原秀幸)から、企業を再建するのを専門とする弁護士がいると電話がかかってきます。

一縷の望みとばかりに、山谷は村越にFAXをしたのです。

村越がボス弁をしている村越誠一法律事務所は、経理担当の永井茜(小池栄子)と事務員でパラリーガルのノブこと池田伸司(堀井新太)の3人で切り盛りしています。

村越は山谷からのFAXを見ると、すぐに網代に向けて出発します。

茜の話では、命に係わる案件だと感じると、村越はすぐに行動してしまうというのです。

熱海にある網代中央水産でさっそく村越は話を聞きます。

社長の山谷の話では、網代中央水産は、山谷の祖父が小さな魚市場からスタートした会社でした。

山谷の父の代には売上が140億円になりながら、最近では地域に大手スーパーが参入してきた影響で経営が悪化、現在は金利だけでも年間5500万円の返済があるというのです。

それなのに、月末資金は数万円との状態と、山谷は困窮を極めていました。

村越は山谷の話を聞いたあと、会社を見て回ります。

すると、山谷が従業員に信頼されている様子が目に留まりました。

村越は山谷の社長としての人徳を知ると、「潰して良い会社は本来ひとつもない」と、励まし、共に会社を立て直そうと約束します。

村越は、茜とノブに網代中央水産の現状を調べさせます。

一方で、村越は、今ある取引先に迷惑をかけないために、私的再建という再建プランを提案します。

それは、金融機関に、今ある20億の負債額を8割カットしてもらい、4億にしてもらうというものでした。

村越は、取引金融機関へ提案するために徹夜で資料を用意します。

そして迎えた、第1回バンクミーティングの日。

村越は練ってきた資料をもって取引金融機関に私的再建を提案しますが、金融機関側は「リスケジューリング」か「民事再生」が妥当で、負債の8割カットは応じられないと主張。

それでも村越は、説明を続け理解を求めますが、受け入れられることはありません。

さらに、後日、山谷が取引金融機関の一行から呼び出され、1人で怒鳴られる事態が生じたため、村越は全ての金融機関に、弁護士を通さず山谷に面会しないことを告げる内容証明を送りつけます。

そんな村越のやり方を面白くないと思ったメインバンク・富士中央銀行の審査部長・佐々木原(髙嶋政宏)は、村越の事務所にわざわざ電話をよこし、「支援協(中小企業再生支援協議会)」を利用することを提案します。

しかし、佐々木原は、陰で支援協に圧力をかけていたのです。

村越は、佐々木原の提案通り支援協を訪ね、協力を求めましたが、支援協からは色よい返事がもらえません。

一方、網代中央水産の社員の中にも、会社の経営危機のウワサが広まり始めていました。

特に、山谷との信頼関係が厚い滝口が、メインバンクの富士中央銀行の行員の1人と一緒に食事をしていたところを別の従業員が目撃したことから、滝口がすでに次の就職先を決めているのではと憶測が飛び、皆が徐々に疑心暗鬼になり始めていました。

そんな中、第2回バンクミーティングが開かれました。

村越は「デューデリ(デューデリジェンス)」による再建計画を説明しますが、佐々木原が支援協が難色を示していることもあり、網代中央水産の提案を受け入れることはできないと発言。

さらに、年々雪だるま式に負債が増えている会社は潰すべきだと厳しく言い放ちます。

そんな佐々木原に、村越は、金融機関が会社の調子が良い時に貸すだけ貸した、その影響で債務超過になっている、それなのに窮地に陥った途端、会社を潰すせばいいと言うのは許せないと言い返します。

村越は、社長の山谷に、会社の現状を幹部に知らせておいた方が良いと言及、会社の幹部に集まってもらっていたところに、滝口が事故で亡くなったと連絡が入りました。

病院の霊安室に横たわる滝口に皆が涙していると、同僚の1人が、滝口は富士中央銀行の行員と一緒に食事をしていたが、それは転職を勧めるその行員に、自分はあくまでも山谷についていくと断っていたのだと話します。

その話を聞いた山谷らは、会社の幹部らと共に、滝口の想いに応えるためにも、なんとしても会社を再建すると決意し、村越に改めて協力を仰ぎます。

ところが、そんな矢先に、今度は網代中央水産の経営危機が新聞に掲載されてしまいました。

いよいよ打つ手がなくなった村越は、奥の手中の奥の手、「会社分割」で乗り切ることを決意。

「会社分割」とは、会社の中にある優良部門を新会社として残し、不採算部門を過剰債務と一緒に清算するという手段です。

本来なら、取引金融機関に説明して行いますが、村越は、説明している時間がないと、金融機関に相談することなく断行することにします。

しかし、この「会社分割」を実行するには、経営陣はもちろん、社員にも痛み分け、すなわち賞与カットを承諾してもらう必要がありました。

村越と山谷は、従業員の前で、会社が生き残るには賞与カットが必要なこと、しかしリストラはしないと説明し頭を下げます。

そんな中、第3回バンクミーティングが開かれます。

会場はさらに紛糾し、山谷が社長の座を辞する必要があると言われますが、村越は従業員に信頼されている山谷が社長を続投することは必要だと主張します。

一方で、村越は山谷に内緒で、従業員に社長続投を求める嘆願書を集め始めます。

しかし、賞与カットや先行きの不安感から、従業員が嘆願書に署名することをためらい、なかなか数が揃いません。

それでも懸命に1人1人に説明し、署名をお願いしていた村越は、過労とストレスから倒れて入院してしまいます。

第4回バンクミーティングの日。

村越は万全ではないながら、顔を揃えます。

相変わらず山谷の社長退陣を求める金融機関側ですが、そこに従業員が社長続投の嘆願書を持ってミーティング会場に現れます。

そこには、全従業員に加え、取引先やよく行く食堂の人たちなど、全489名分の嘆願書がありました。

さらに山谷の妻・千佳(高橋ひとみ)も現れ、金融機関の面々が揃う中、山谷の社長続投を懇願します。

ミーティングが終了後、村越は佐々木原から、なぜ再建にこだわるのか聞かれます。

村越は、手帳から1枚の手紙を取り出しながら、「限界まで荷物を背負ったらくだが崩れ落ちてしまう最後の一藁に、金融マンの言葉がなってはいけないと考えている」と言います。

村越が持つその手紙は、かつて会社再建を諦め自殺してしまったとある社長からのものであること、また、15歳で亡くなった自身の娘と困った人を助けると約束したのだと、村越は佐々木原に話すのでした。

後日。

なんと、支援協は積極的に支援してくれると連絡が入ります。

佐々木原が支援協を説得し、支援が決定したようです。

かくして、網代中央水産は山谷が社長を辞することなく、再び動き出したのでした。

夏ドラマ動画一覧

月曜日21時 監察医朝顔
月曜日22時 リーガルハートいのちの再建弁護士
月曜日24時59分 簡単なお仕事です
火曜日21時 TWOWEEKS
火曜日22時 Heaven?ご苦楽レストラン
火曜日25時28分 スカム
水曜日22時 偽装不倫
水曜日25時35分 びしょ濡れ探偵
木曜日21時 サイン
木曜日22時 ルパンの娘
木曜日23時59分 わたし旦那をシェアしてた