まだ結婚できない男

まだ結婚できない男脚本家は視聴率30%超えの人気ドラマ担当!

阿部寛さん演じる、偏屈で独善的で皮肉屋の建築家・桑野信介の独身ライフが大きな話題となったドラマ「結婚できない男」が、13年ぶりに帰ってきます!その名も新ドラマ「まだ結婚できない男」。続編にあたる本作では、あの独身男・桑野信介にますます磨きがかかっているとのこと。そんな続編の脚本は、前作同様、大人気ドラマを次々と世に送り出している尾崎将也氏が担当します。そこでこの記事では、新ドラマ「まだ結婚できない男」の脚本家・尾崎将也氏のこれまでの作品についてご紹介いたします!

まだ結婚できない男 脚本家は一世風靡したラブジェネ脚本!

2019年10月からスタートする新ドラマ「まだ結婚できない男」。

13年前の「結婚できない男」の続編である本作の放送決定に、すでにメディアでは注目の的となっています。

そんな話題作を生み出した脚本家こそ、今回の「まだ結婚できない男」の脚本も担当する尾崎将也氏。

尾崎将也氏が脚本と担当したテレビドラマ作品や映画作品は数多くありますが、なかでも木村拓哉さんと松たか子さんが共演した1997年の月9ドラマ「ラブジェネレーション」は大ヒット作品となりました。

ドラマ「ラブジェネレーション」は、1997年の月9ドラマとして放送され、「ロングバケーション」以来の木村拓哉さんと松たか子さんの共演や、松たか子さんが初・月9ヒロインを演じるなど、何かと話題になりました。

ストーリは、浮気性で軽いけれど、実は賢兄に引け目を感じる影の部分を持ち合わせる主人公・片桐哲平(木村拓哉)と、マイペースで言いたいことをズバズバいうOL・上杉理子(松たか子)の、ぶつかり合いながらも互いを意識し、やがて運命の恋に落ちていくという、王道の恋愛ドラマです。

ヤキモキさせられたり、切なくなったり、と二人の恋の展開もさることながら、本作の見どころは、木村拓哉さんと松たか子さんの息の合ったセリフの掛け合いです。

飽きさせない展開と、ドラマの各所にちりばめられたテンポのよい二人のやり取りが人気となり、ドラマ「ラブジェネレーション」は全11話の平均視聴率が30%を超えるなど、大ヒット作品となりました。

そんな本作で、尾崎将也氏は、浅野妙子氏と共に脚本を担当していました。

また、1998年に放送された、特別編「ラブジェネレーション’98 ハッピーエンドから始めよう」でも、尾崎将也氏は浅野妙子氏と共に脚本を担当しました。

木村拓哉さんと松たか子さんの名コンビが誕生した大人気作品「ラブジェネレーション」、社会現象にまでなった前作「結婚できない男」、と、尾崎将也氏の脚本から、次々とヒット作が生まれています。

今回の「まだ結婚できない男」も、話題作になることは間違いなさそうですね。

まだ結婚できない男 脚本家のその他の代表作!!

新ドラマ「まだ結婚できない男」の脚本を担当する尾崎将也氏は、これまで多くの作品を手掛け、その中には、誰もが知るような話題作や人気作も名を連ねます。

【名前】尾崎将也(おざき まさや)

【生年月日】1960年4月17日

【出身地】兵庫県西宮市

【最終学歴】関西学院大学文学部卒業

引用:Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/尾崎将也

尾崎将也氏は、1985年に関西学院大学を卒業後、一旦は広告代理店に就職しますが、脚本家の夢を持ち続け、1992年に『屋根の上の花火』で第5回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞します。

1994年にフジテレビのドラマ「夏子の酒」で脚本家デビューを果たすと、その後数多くのヒット作品を生み出す売れっ子脚本家の道を着々と歩まれます。

その実力を裏付けるように、ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞も50回、61回、74回の計3回受賞しています。

2010年には、映画『ランデブー!』で映画監督デビューも果たしています。

そんな尾崎将也氏の代表作をご紹介します!

ストーカー逃げ切れぬ愛

1997年1月期に、日本テレビ系列で放送された読売テレビ制作のテレビドラマ。

「ストーカー」という言葉が、日本で使用・認識され始めた頃に制作された本作品は、「ストーカー」が実際にどういったものなのかを、ドラマを通じて紹介する役目を担う作品になりました。

本作で、尾崎氏は野依美幸氏と共に脚本を担当しています。

【あらすじ】

ゴルフクラブで働く岸本海(高岡早紀)は、不倫相手との行き違いから自暴自棄になっていたため、花束をなくしたという眼科医・三枝辰也(渡部篤郎)に、自身がもっていたクリスマスローズの花束を渡してしまいます。
三枝に、海が自分に好意があって花束を渡したと誤解された海は、その日を境に三枝から執拗な付き纏いや、監禁、失明寸前と、恐怖の日々を送ることとなってしまうのです。

お迎えデス

2016年4月期に、日本テレビ系「土曜ドラマ」枠で放送されたテレビドラマ。

原作は田中メカ氏による同名漫画(白泉社)、主演は福士蒼汰さん、共演の土屋太鳳さんは本作がドラマ初出演となりました。

本作で、尾崎氏は泉澤陽子氏と共に脚本を担当しています。

【あらすじ】

感情が希薄な理系大学生の堤円(福士蒼汰)は、いつの間にか身に着けていた霊や死神が見える能力を買われ、死神のナベシマ(鈴木亮平)に「この世にさまよっている霊をあの世に送る」バイトして欲しいと頼まれます。
コンビを組むのは、円と同じ大学に通う、幸(土屋太鳳)。彼女もまた、霊が見える能力を持っていましたが、性格は円と正反対で、感情むき出しの猪突猛進タイプ。互いに思考が理解できない二人が、ぶつかり合いながらも一緒に「霊をあの世に送る」バイトをすることで、互いを補いながら、互いに無いものと学び、そして「生きていく」こととは何かを学んで成長していきます。

オトナ女子

2015年10月期に、フジテレビ系「木曜劇場」枠で放送されたテレビドラマ。

主演の篠原涼子さんや、主要キャストの江口洋介さん、吉瀬美智子さん、谷原章介さん、鈴木砂羽さんら実力派俳優陣が描く、アラフォー女性のリアルな恋愛模様が人気となっただけでなく、主人公の飼っている猫やファッション、ネイルなども注目を集めた話題作です。

本作で、尾崎氏は泉澤陽子氏と共に脚本を担当しています。

【あらすじ】

主人公・中原亜紀(篠原涼子)、40歳・独身は、恋愛アプリの開発部署で働くバリバリのキャリアウーマン。仕事はできるけど、こと恋愛では相手に尽くし過ぎてしまい、なかなか幸せを掴めないでします。そんな亜紀が心を許せるのは、同い年の女友達。フラワーショップ店長の萌子(吉瀬美智子)とバツイチ3人の男の子を1人で育てるシングルマザーのみどり(鈴木砂羽)。3人は口実をみつけては、女子会を開いて愚痴を言い合っていました。
そんな中、亜紀は恋愛ゲームアプリの監修を、かつて恋愛ドラマを何作品もヒットさせた脚本家・高山文夫(江口洋介)に依頼しようと、高山が入り浸っているカフェを突き止め訪れます。
ところが、高山は亜紀の見せた企画書に難癖をつけて取り合わないどころか、「40歳は女子じゃない」とまで言う始末。ぶつかり合う二人ですが、仕事を一緒にすることになり、やがてその関係が恋愛へと発展していき・・・。

結婚できない男

2006年7月期に、関西テレビの企画・制作、フジテレビ系列の火曜夜10時枠で放送されたテレビドラマ。

偏屈で独善的、皮肉屋だけどどこか憎めない主人公が、1人の女性との出会いを機に恋愛、そして結婚への展開を想いや悩む姿をコミカルに描いた大人気作品。

2009年6月には、本作のリメイク版が韓国のKBS(韓国放送公社)で放送されました。

本作で、尾崎氏は全12話の脚本を担当しています。

【あらすじ】

主人公・桑野信介(阿部寛)は腕のいい建築家で、能力も高く、収入もルックスも人並み以上。しかし偏屈で独善的、そして皮肉屋な性格が災いし、一見女性を引きつけるも、彼のキャラクターを知ると女性は彼の元を去ってしまうのです。
そんなことが何度も続くうちに、信介は、恋愛や結婚は無意味と理論武装し、心の奥底では寂しさを感じつつも、偏屈さに磨きをかけながら、独身生活を謳歌していました。
そんな信介はある日、急激な腹痛で受診した病院で、女医・早坂夏美(夏川結衣)に出会います。
最初こそぶつかり合う信介と夏美でしたが、次第にお互いを意識する関係に。しかし信介はここでも性格が災いしてなかなか素直に気持ちを表現できません。
なかなか進展しない二人の関係に、さらに隣人の田村みちる(国仲涼子)や、職場仲間やライバルが関わりながら、40歳独身男の不器用な恋愛が展開していきます。

【残念の声殺到】まだ結婚できない男夏川結衣出ない?衝撃理由は?結婚できない男が13年ぶりに10月に「まだ結婚できない男」として帰ってきますが、なぜかキャストに夏川結衣さんの名前がありません。夏川結衣...

おひとりさま

2009年10月期に、TBS系列の金曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマ。

主演は観月ありささん、共演者には、小池徹平さん、真矢みきさん、松下奈緒さんらをそろえ、完璧なアラサー女性が年下男子との恋愛に悩みながらも邁進する姿を描いたラブコメディ作品となっています。

本作で、尾崎氏は関えり香氏とともに脚本を担当しています。

【あらすじ】

主人公・秋山里美(観月ありさ)は33歳。
名門私立・聖華女子学院高等学校の日本史教師で、誰もが認める才色兼備です。

その性格は、妥協を許さない完璧主義で、何でも一人でできてしまうことから、“おひとりさま”と呼ばれていますが、実は部屋は散らかり放題で家事が苦手。
そんな里美は、寿退社する教師の代わりに赴任してきた10歳年下の臨時教師・神坂真一(小池徹平)に出会います。真一は、いわゆる“草食系男子”の典型ですが、一方で料理や掃除、節約術が得意。
年齢も性格も違い過ぎる、そんな二人が男女の関係になることはない・・はずだったのですが、徐々に惹かれあう二人。さて、二人の“格差恋愛”は成就するのでしょうか?!

独身生活

1999年7月期に、TBS系の金曜ドラマ枠で放送されたテレビドラマ。

主演は、江角マキコさん、第22回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞するなど話題になった作品です。

本作で、尾崎氏は全10話の脚本を担当しています。

【あらすじ】
大手都市銀行の本店に勤める大沢杏子(江角マキコ)は、昼はエリート銀行員をしながら、夜はデートクラブ嬢になる二重生活を送っていました。
そんな杏子は、ある出来事をきっかけにフリーライターの山岸真一(佐藤浩市)と出会います。
事情を抱えながら、二重生活を送る杏子、杏子の二重生活を知りながら杏子と関わり続ける真一。自分の生き方を探し求める男女の姿を見応えたっぷりに描いたラブストーリーです。

梅ちゃん先生

2012年上半期に、NHKで放送された連続テレビ小説・第86シリーズの作品。

主演は堀北真希さん、また第74回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞他、多数の受賞を誇る作品です。。

本作は、尾崎将也氏の書き下ろしによるオリジナルストーリーで、尾崎氏は全話の脚本を担当しています。

【あらすじ】

舞台は昭和20年(1945年)。
戦争で焦土となった蒲田のバラックに家族6人で暮らしていた高等女学生の梅子(堀北真希)は、優秀な姉と兄に劣等感を抱きながらも、医者としての父親の勇姿を目の当たりにし、自身も医者を目指します。
努力の甲斐あり、医師免許取得した梅子は、大学病院に就職するも、後に医師不足に悩む地元の現状や出会った開業医の影響から蒲田で町医者になります。
か弱く、勉強が苦手だった梅子が、努力を重ね医者となり、また結婚し妻となり、母となり、町で頼られる医者に成長するまでの姿を情緒豊かに描いた作品です。

シグナル 長期未解決事件

2018年4月期に、カンテレ(関西テレビ)制作・フジテレビ系の火曜夜10時枠で放送されたテレビドラマ。

原作は、2016年に韓国で放送されたドラマ「シグナル」で、本作は韓国版のリメイク作品となります。

主演は、坂口健太郎さん、本作は本編であるテレビドラマの他に、本編終了直後から0.5話分としてチェインストーリーがGYAO!で独占配信されました。

本作で、尾崎氏は大久保ともみ氏と共に脚本を担当しています。

【あらすじ】

主人公・三枝健人(坂口健太郎)は、独学でプロファイリングを学んだ警察官。
三枝は、幼少期に、友人の女児が誘拐されて殺害された女子児童誘拐殺人事件で、その女子児童を連れ去った謎の女性をも目撃していました。
しかし、当時の三枝がそのことをいくら警察に訴えても証言を信じてもらえず、また、実の兄が自殺した原因となった事件でも心に傷を負ったことから、警察を信用していませんでした。
女子児童誘拐殺人事件の時効が間近に迫ったある日、三枝は廃棄予定の無線機から聞こえてくる声を耳にします。声の主は刑事で、三枝に事件の手がかりを話します。最初は信じられなかった三枝でしたが、無線の声が話す場所にいくと、そこに白骨死体が。
その後もその無線機で、声の主の刑事と交信を取り続ける三枝でしたが、次第に、無線機の向こうの刑事は“過去”を生きている人物であることに気付きます。
現在と過去で交信しながら、三枝と刑事は互いに協力し、未解決事件に挑むことに・・・。

僕の初恋を君に捧ぐ

2019年1月期に、テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」で放送されたテレビドラマ。

僕の初恋を君に捧ぐ、主演は野村周平さん、原作は青木琴美氏による同名漫画で、発行部数は800万部を超える大人気作品で、テレビドラマの他、2009年には映画として映像化されています。

本作で、尾崎氏は全7話の脚本を担当しています。

【あらすじ】

主人公・垣野内逞(野村周平)は幼いころから心臓病を患い、入退院を繰り返していました。
それは逞が8歳の頃。

いつものように病院に入院していた逞は、幼馴染で同い年の繭(桜井日奈子)と病室を抜け出して訪れた夜の公園で、“結婚の約束”を交わしたのです。
繭は逞の主治医の娘で、いつも逞のそばにいました。
しかし、逞は、自分が20歳まで生きられないと知ると、繭の前から姿を消すために地元から遠くはなれた、名門・私立紫堂高校に入学します。
ところが、そこで逞は繭と再会してしまいます。

繭は逞を追いかけるために、隠れて猛勉強していたのです。
そんな繭に対し、戸惑いを隠せない逞。
命のタイムリミットに悩み苦しみながらも、必死に運命に抗おうとする逞と繭の、純粋で切ない姿が描かれた超・純愛ストーリーです。

まだ結婚できない男はどんな作品?

今から13年前、2006年に放送され、「結婚できない男」とのワードが社会現象にまでなった、ドラマ「結婚できない男」の続編「まだ結婚できない男」がいよいよ今秋10月から放送されます。

主人公は、前作の主人公、阿部寛さん演じる、偏屈で独善的で皮肉屋…けれど、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介です。

「まだ結婚できない男」では、主人公・桑野信介の前作からの続きの姿が描かれています。

腕の良い建築家で、ルックスも収入も人並み以上の主人公・桑野信介(阿部寛)は、53歳になった今も相変わらず以前と同じマンションに1人で暮らしています。

飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を揃え、変わらず趣味のクラッシックを楽しむなど、独身生活を謳歌していました。

一方、13年前に結婚寸前までいった自身の担当医だった早坂夏美(夏川結衣)とは、愛想をつかされて破局。

桑野は、その後再び、恋愛に関しては固く扉を閉ざしてしまっていました。

50歳を過ぎて、ますます偏屈さに磨きをかけていた桑野は、将来に少しの不安を感じながらも、現状を変えられずに生活していました。

そんな桑野が、またもや偶然にも女性たちと出会います。

出会った女性は、弁護士の吉山まどか(吉田羊)、隣人の戸波早紀(深川麻衣)、カフェ店長の岡野有希江(稲森いずみ)。

弁護士のまどかは、桑野に振り回され、いつもぶつかり合いながらも関係を深めていきます。

早紀は、桑野の隣の部屋に引っ越してきますが、桑野の部屋を伺うなど、謎の多い女性です。

そして、カフェ店長の有希江の存在も気になります。

彼女らとの出会いによって、ふたたび動き出す、桑野の運命の歯車。

そして、今度こそ“結婚”の扉を開くことになるのか?注目ですね。

まだ結婚できない男脚本家まとめ

今回は、2019年10月から放送される「まだ結婚できない男」の脚本家・尾崎将也氏が手掛けた、高視聴率ドラマ「ラブジェネレーション」や、他の代表作品についてご紹介しました。

尾崎氏の手掛けた作品は、「まだ結婚できない男」のようなラブコメディから、スリルが味わえる作品、純愛を描いた作品、青春群像作品と多岐に渡っていましたが、そのどれもがヒット作品でした。

前作の「結婚できない男」も、社会現象にまでなったことを考えると、新ドラマ「まだ結婚できない男」も、きっと令和の時代に生きるアラフィフ独身男子の実態を、リアルだけどくすっと笑えるシーン満載で描いてくれることでしょう。

「まだ結婚できない男」は2019年10月放送予定です!

まだ結婚できない男関連動画

夏川結衣「中学聖日記」

【全話無料】中学聖日記動画1話【危うい生徒】無料視聴方法!放送後も何度も見てしまう人が続出中の中学聖日記。1話から全話無料視聴方法を紹介します。pandora、dailymotionなどのリンク...

夏川結衣「青い鳥」

【全話無料】青い鳥ドラマ動画無料視聴方法!1997年TBSドラマ青い鳥。夏川結衣さんと豊川悦司さん主演のドラマですが当時29歳の夏川さんが美しくて大反響でしたね。 ここでは...

夏ドラマ動画一覧

月曜日21時 監察医朝顔
月曜日22時 リーガルハートいのちの再建弁護士
月曜日24時59分 簡単なお仕事です
火曜日21時 TWOWEEKS
火曜日22時 Heaven?ご苦楽レストラン
火曜日25時28分 スカム
水曜日22時 偽装不倫
水曜日25時35分 びしょ濡れ探偵
木曜日21時 サイン
木曜日22時 ルパンの娘
木曜日23時 コーヒー&バニラ
木曜日23時59分 わたし旦那をシェアしてた
金曜日22時 凪のお暇
金曜日23時15分 セミオトコ
金曜日24時 ヤヌスの鏡
金曜日24時55分 百合だのかんだの
土曜日22時 ボイス110緊急指令室
日曜日21時 ノーサイドゲーム
日曜日22時 あなたの番です