ドラマ

日本沈没安っぽいと言われる6つの理由!CGに問題あり?

日本沈没安っぽいと言われる6つの理由!

小栗旬さん主演の秋ドラマ「日本沈没」。
松山ケンイチさん、杏さんなど豪華キャスト陣や、壮大なストーリー展開が注目されてます。
さらに、ドラマ放送後すぐにNetflixで世界配信されてることも話題ですよね。

ところが、ネットでは「安っぽい」「つまらない」などの声が上がり始めてるんです。

そこで、ネットの声を参考に、安っぽい・つまらないと言われる6つの理由についてまとめてお伝えします。

<あわせて読みたい>

日本沈没ナレーションが変(いらない)と言われる3つの要因

スポンサーリンク

日本沈没安っぽいと言われる6つの理由

日本沈没について、みんなのコメントから6つの理由ではないかと考察しました。

①CGが安っぽい・リアル感が無い

CGが安っぽいという声が複数上がってました。
確かに、昭和特撮映画のテイストが入ってるように見えます。
レトロ好きには魅力かもしれませんが、世代によって評価が分かれそうですね。

また、豪華キャストの割にはCGが見劣りするという意見もありました。

②シン・ゴジラの廉価版

庵野秀明監督作の映画「シン・ゴジラ」と比べる声が非常に多かったです。
日本沈没のテロップの出し方や話の展開がシン・ゴジラに似てるので、どうしても比べられてしまうようです。

しかも「シン・ゴジラ」はとても人気が高かったので、日本沈没は分が悪いように思います。

③設定やプロットが安っぽい

日本沈没は、3話の時点でパニック要素がほぼ無く、官僚ドラマのような展開で進行してます。
しかし、本格的な官僚ドラマではないので、軽いような安っぽい設定だと思う人が多いようです。シン・ゴジラと比較する意見も多数見られました。

④セリフやキャスティングが安っぽい

キャストの豪華さ、テーマの壮大さに比べて、実際のセリフや展開が安っぽいという意見が多いようです。
今のところ、災害は起きずセリフメインなので、理屈っぽくて辻褄合わせに感じてしまうのかもしれません。
「理屈抜きで面白い!」と思わせる巻き返しを期待したいですね。

⑤香川照之さんの悪ノリ

本当に本人の演技プラン?この俳優にこんな過剰な演技させるのは演出家の悪ノリ以外考えられないんだけど

引用:YahooJapanテレビみんなの感想

教授役の香川照之さんの演技を絶賛する声もありますが、「悪ノリ」などのネガティブな意見が多いようです。
クセが強い個性的なキャラだけに、安っぽい茶番劇の印象を与えてしまうのかもしれません。

あくまでも個人的な意見ですが、シリアスなシーンでは抑え気味の演技をするなど、メリハリがあったほうがいいように思いました。

⑥主題歌が安っぽい、下手

第1話の放送開始のタイミングで披露された主題歌「ラストシーン」。
作曲が石崎ひゅーいさん、ボーカルを菅田将暉さんということで話題の主題歌でした。
ところが、一般視聴者からの評判は今一つのようです。

個人的には、酷評されるほど下手には思えず、耳になじみやすいメロディーに思えました。
RADWINPSの野田洋次郎さんの歌い方に似てるという意見も。

なぜ、安っぽいと思われるかと言うと、ズバリ「ドラマのイメージに合わない」からではないでしょうか。

壮大な設定のドラマの割に、主題歌「ラストシーン」のメロディーはインパクトに欠けるようです。
なので、視聴者は曲が流れると一気に冷めてしまうのかもしれません。

同じような理由で、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』でも『GReeeeN』の主題歌に対して、「軽すぎる」など批判の声が上がってました。

TBS日曜ドラマ枠の作品に、『GReeeeN』や菅田将暉さんの声が合わないと思う人は多いようですね。

スポンサーリンク

日本沈没の視聴率はどうなの?

このように酷評されてる日本沈没ですが、視聴率はどうなのでしょうか?
意外にも第3話の視聴率15.7%と好調が続いてます。

ですが、視聴者からは「つまらない」「ダレてきている」などよくない評判もちらほら見かけます。
どうやら、パニックドラマを期待していた人たちが、なかなか沈没しない展開に不満を持ち始めてるようです

このままだと視聴率がジワジワ下がっていくことになりかねません。
中ダルミにならないように、そろそろ派手な展開が欲しいところですね。

スポンサーリンク

日本沈没安っぽいと言われる6つの理由まとめ

日本沈没が安っぽいと言われる6つの理由についてご紹介しました。

安っぽいといわれる理由

①CGが安っぽい・リアル感が無い
②シンゴジラの廉価版
③設定やプロットが安っぽい
④セリフやキャスティングが安っぽい
⑤香川照之さんの悪ノリ
⑥主題歌が安っぽい、下手

さんざんな言われようですが、それだけ期待度の高いドラマであることは確かです。
また、地上波ドラマ枠で壮大なテーマにチャレンジする、制作陣の熱意は伝わってきます。

ドラマ後半にかけてイッキに盛り上がる可能性もあると思います。
ぜひ、今後の展開に注目していきましょう!