スポーツ

谷晃生の年棒推移がすごい!今後の年棒がどうなるか考察

東京五輪で大活躍の谷晃生たにこうせい選手!

スーパーセーブ連発の二十歳の守護神に、ネットでは大いに盛り上がってます。
そんな人気急上昇中の谷選手の気になる年棒について調べてみました。

スポンサーリンク

谷晃生の年棒推移がすごい!

谷晃生さんの最新(2021年)の年棒は推定で1,500万円です。

2021年 1,500万円
2020年 420万円
2019年 420万円
2018年 380万円

「あれ、意外と少ない?」と思うかもしれませんが、2020年と比較して1,080万円も上昇してるんです。
いきなり1千万円もアップなんてサラリーマンの世界じゃ考えられないですね!
プロスポーツの世界は厳しいけれど夢があります。

ところで、2018年~2020年について日本代表選手で活躍してるのに年棒の推移が低いですよね。

実は、Jリーグでは、独自の年俸制度(A契約、B契約、C契約制度)があり、次のような年棒のルールが決められてるんです。

契約の種類 年棒のルール
A契約 年棒の上限なし。(契約初年度のみ700万の上限あり)
プロ契約3年以上が条件
B契約 年棒の上限が480万円。A契約を結べない選手がB契約を結ぶ。
C契約 年棒の上限が480万円。新卒選手は全員C契約からスタート。

このように、B契約、C契約は年棒の上限が480万円に決められてます。
上限のないA契約を結ぶには3年以上のプロ契約が必要です。
谷選手が最初の3年間の年棒が低いのも納得ですね。

A契約になると制限がなくなり、活躍次第ではどんどん年棒がアップします。

Jリーグの年棒制度は、高卒の若手選手に億単位の年俸が提示され、才能を活かしきれずに伸び悩んでしまう反省から生まれたと言われてます。

通常のサラリーマン程度の年棒にして、一般社会に戻った時に普通に生活できるようにとの配慮した制度とのこと。
すごく良い制度なんですが、報酬の下限が決められていないのがデメリットのようです。

スポンサーリンク

谷晃生所属・湘南ベルマーレの年棒ランキング

谷晃生さんは湘南ベルマーレの中で何位くらいの年棒なのか調べてみました。

※年俸額は3月2日時点の『SoccerMoney』を参考にしてます。

湘南ベルマーレ年棒ランキングトップ10

  • 1位⇒ ウェリントン(FW):7,000万
  • 2位⇒ ウェリントン・ジュニオール(FW):5,000万
  • 3位⇒ タリク・エルユヌシ(FW):4,000万
  • 4位⇒ 岡本拓也(DF)山田直輝(MF)石原直樹(FW):3,000万
  • 5位⇒ 山本脩斗(DF)大野和成(DF):2,500万
  • 6位⇒ 大岩 一貴(DF)茨田陽生(MF):2,000万
  • 7位⇒ 中村駿(MF):1,800万
  • 8位⇒ 谷晃生(GK)高橋諒(MF)三幸秀稔(MF)梅崎司(MF)古林将太(MF)町野修斗(FW):1,500万
  • 9位⇒ 石原広教(DF):1,200万
  • 10位⇒ 富居大樹(GK)名古新太郎(MF):1,000万

谷晃生さんは堂々の8位で、同順に高橋諒さん、三幸秀稔さん、梅崎司さん、古林将太さん、町野修斗さんらがいます。

この6人を2021年時点の年齢で比較してみると次のようになります。

谷晃生 20歳(2000年11月22日生)
高橋諒 28歳(1993年7月16日生)
三幸秀稔 28歳(1993年5月23日生)
梅崎司 34歳 (1987年2月23日生)
古林将太 30歳(1991年5月11日生)
町野修斗 21歳(1999年9月30日生)

同世代は町野修斗選手だけで、あとはアラサーの先輩に囲まれてます。
谷晃生さんがスピード出世してるのが分かりますね!

スポンサーリンク

谷晃生の今後の年棒がどうなるか考察

谷晃生選手の年棒が将来、どうなっていくのか考察しました。

Jリーガーの2021年の平均年棒は約3,200万円と言われてます。

今回の東京五輪では、日本の守護神として準決勝まで勝ち進みしっかり貢献しました。
この実績により、今後A代表に入ることが十分考えられ、平均年棒の3千万円はゆうに超えてくるでしょう。

そして、川島永嗣かわしまえいじ選手のように、ゴールキーパーとして海外チームへ移籍できたら、さらにすごいことになり、1億越えも夢ではありません。

というのも、ゴールキーパーの川島選手がまさにそうだからです。
Jリーグ在籍中にも順調に年棒は上がり3千万円を突破してますが、やはり目立つのが海外移籍後の1億円です!

  • 2003 (20歳)  800万円  大宮アルディージャ加入
  • 2006 (23歳)  1,400万円 名古屋グランパス移籍
  • 2009 (26歳)  3,500万円 川崎フロンターレ移籍
  • 2011 (28歳)  5,500万円 リールセに移籍
  • 2014 (31歳)  1億円  スタンダール・リエージュ に移籍
  • 2021 (38歳)  9000万円 ストラスブールに移籍

谷晃生さんもA代表入りすることで、海外から声がかかる可能性大でしょう!
順調にいけば、川島選手よりも早く年棒億越えに到達するかもしれません。

スポンサーリンク

谷晃生の年棒推移がすごい!スピード出世で億越えも!のまとめ

この記事では、谷晃生選手の年棒推移や、今後、年棒がどうなるかについてご紹介しました。
20歳の若さで、湘南ベルマーレの年棒ランキング8位の谷選手。

しかし、この額は通過点にすぎず、A代表、海外移籍によってさらに年棒がアップしていくことが予想できます。

ゴールキーパーの寿命は長く、30代後半まで活躍できると言われてます。
今後20年でどこまで報酬が伸びるか、今後の活躍から目が離せません!