ドラマ

tokyo merロケ地豊橋市が選ばれた3つの理由

日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」がスタートしました。
救急救命のプロフェッショナルが、重大事故や災害現場に駆けつけ、命の危険にさらされた患者を救う、熱いヒューマンドラマです。

ところで、ドラマの印象的なシーンで東京の街が出てくるんですが、東京の街中と思ってたロケ地が「愛知県豊橋市」だと判明しました。

なお、豊橋市長がロケ中に陣中見舞いに行ったというtwitterがアップされてます。
東京の街並みに見立てて、豊橋のメインストリート「広小路」が使われたことに間違いないようです。

そんな豊橋市なんですが、映画・ロケの町として有名な場所なんです。

そこで、そんな「愛知県豊橋市」がロケ地としてなぜ選ばれたのか?豊橋市の情報を合わせてご紹介していきます。

<あわせて読みたい>

tokyo mer erカーの構造やモデルといわれる2つの車を詳しく紹介!

独占配信はparavi!

1話から全話配信中!

無料でお試しparavi

スポンサーリンク

TOKYO MERのロケ地豊橋市の基本情報

名称 愛知県豊橋市広小路通り
住所 〒440-0881 愛知県豊橋市広小路
アクセス JR東海道線 豊橋駅 南口から徒歩6分
電話番号
公式サイト

スポンサーリンク

TOKYO MERのロケ地豊橋市選ばれた3つの理由

TOKYO MERのロケ地、愛知県豊橋市は映画やドラマなどのロケが多い町として有名なんです。

例えば「陸王」「新宿スワン」などの有名作品も豊橋市で撮影されてます。
日曜劇場の「陸王」では、「豊橋国際マラソン」コースとして豊橋市の広小路が使われてまました。。

このように、あえて豊橋市が選ばれるのには、次の3つの理由があるからです。

①町全体でロケを支援する体制が整ってる

豊橋市は、ロケの誘致や支援、ロケのプロモーションや映画祭、次世代の映画人を育成するなど、町全体でシティプロモーションに取り組んでます。

なので、ロケに対してとても協力的で力を入れてます。
豊橋市をロケの町にした仕掛け人は、撮影支援するにあたり3つの決め事を作ったそうです。

1、 要望にはNOと言わない
2、 不可能を可能にする
3、 かゆいところに手が届く
この三か条を心に刻み、どんなことにもできる限り対応してきました。すると、リピートが増えて、一度来た監督や制作者の方が次の作品でも来てくれるようになりました、今はほぼそのパターンですね。

引用:愛知県フィルムコミッション協議会

映画やドラマ制作する人にとって、すごくうれしいこのなんじゃないでしょうか!

特に都内では撮影が難しい官公庁街など、豊橋市には近代建物も揃っているのでとても重宝されてます。
TOKYO MERのドラマのように、激しいアクションシーンを撮影する場所としては最適といえるでしょう。

豊橋市のロケ地マップがPDFで公開されてます。
こちらをクリックして表示できるので、ぜひご覧ください。
一度は訪れてみたくなることでしょう。

②ロケ地が豊富

豊橋市内から山や海が近く、ロケ地が豊富です。
近くには三河湾や葦毛湿原(自然公園)石巻山などが展開してるので、街中と自然をまとめて撮影することも可能なんです。

また、神社仏閣、吉田城や当時の宿場町を再現した資料館などの歴史旧跡スポットも充実してます。

さらに、豊橋市内を走る路面電車がまるで映画のセットの一つみたいに見えてエモいとか!

1日で移動できる範囲に見どころが集まってる、理想的なロケ地ではないでしゅおか。

③首都圏や大阪・京都から近い

そもそも愛知県は日本の真ん中に位置してるので、首都圏や大阪・京都からも近いというメリットがあります。
移動時間やコストを抑えられるのは大きいですね。

スポンサーリンク

愛知県豊橋市をロケ地として使った作品一覧

愛知県と豊橋市をロケ地として使った作品の一部です。
有名どころの作品がずらりと並び圧巻ですね!

作品名 ロケ地 監督・演出・主演
菊次郎の夏(’1999) 東七根町ほか 監督・主演:ビートたけし
早咲きの花(’2006) 豊橋市公会堂、豊橋市民俗資料収蔵室 ほか 監督:菅原浩志
LEADERS(’2014) 時習舘高等学校、ユニチカ、豊橋市公会堂 ほか 監督:福澤克雄
主演:佐藤浩市
ルーズヴェルト・ゲーム
(’2014)
豊橋市民球場、トピー工業、武蔵精密工業 ほか 演出:福澤克雄、棚澤孝義、田中健太
主演:唐沢寿明
新宿スワンⅡ(’2017) ココラフロント 監督:園子温
主演:綾野剛
陸王(’2017) 豊橋市役所、駅前大通り、広小路通り など 演出:福澤克雄、田中健太
主演:役所広司
クソ野郎と美しき世界(’2018) 189 通り、神明公園前歩道、豊橋市公会堂 など 監督:園子温
主演:稲垣吾郎、浅野忠信、草彅剛、香取慎吾

 

なお、豊橋市は都道府県別のスクリーン数が東京都に次ぎ2番目の多さなんです!
まさに、地元民から映画が愛されてる町で、製作者や俳優さんたちはとても気分よく仕事ができるんじゃないでしょうか!

スポンサーリンク

TOKYO MERのロケ地・豊橋駅の目撃情報

豊橋駅近くの広小路での撮影を見た、というTwitter目撃情報をご紹介します。
これからもどんどん増えるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

TOKYO MERロケ地豊橋市が選ばれた3つの理由まとめ

この記事では、TOKYO MERのロケ地として豊橋市が選ばれた3つの理由を中心にご紹介しました。

豊橋市が選ばれた3つの理由まとめ
  • 町全体でロケを支援する体制が整ってる
  • ロケ地が豊富
  • 首都圏や大阪・京都から近い

調べるほどに、豊橋市の魅力がどんどん伝わってきて、ぜひ一度は訪れてみたいロケ地です。
ロケへの協力体制がすばらしいので、今後もTOKYO MERのドラマ内で使われていくかもしれませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。